東京発日帰りバスツアーを中心とした旅行体験記


by ブラウンライス

益子焼つかもと

日帰りバスツアー 紅葉の三名瀑袋田の滝と秋のフルーツ柿&みかんW狩り 
2010年11月3日(水)
②益子焼つかもと

昼食は栃木県益子にある「つかもと」です。益子最大の窯元だけにレストラン、店舗とも充実しています。この日は秋の益子陶器市の初日でしたがつかもとが中心街から離れた所にあるので裏道から街に入りました。幸い渋滞には巻き込まれませんでししたが魅力的なお店が連なる益子の街を楽しむことはできませんでした。

食事は「鳥鍋うどんすきときのこの釜飯膳」
d0179737_20124360.jpg

d0179737_2013993.jpg

店舗外観
d0179737_20162847.jpg

庭にもくつろげる空間があったり、陶芸教室もあったりと色々楽しめます
d0179737_20193817.jpg

駐車場では新鮮野菜の販売と陶器市
d0179737_20115053.jpg


峠の釜飯が有名ですがその陶器を提供しているのが当店です
新鮮野菜詰め放題がバスツアーオプションとしてあったのですが写真を撮り忘れました

つかもとHP

(益子焼とは  WIKIより)
益子焼(ましこやき)とは、栃木県芳賀郡益子町周辺を産地とする陶器。
毎年、ゴールデンウイークと11月3日前後に「益子大陶器市」が開催され、500を越える店舗が出て賑わっている。
江戸時代末期、嘉永年間に常陸国笠間藩(現笠間市)で修行した大塚啓三郎が益子に窯を築いたことにより始まったとされる。
当初は水がめ・火鉢・壺などの日用品が主に製作されていたが、1927年より創作活動を開始した濱田庄司によって花器・茶器などの民芸品が作られるようになり、日本全国に知られることとなる。1979年には通商産業省(現、経済産業省)より、伝統的工芸品に指定された。また、イギリスの陶芸家バーナード・リーチなどの普及活動がある。
[PR]
by banboobook | 2010-11-03 12:02 | 栃木スポット