東京発日帰りバスツアーを中心とした旅行体験記


by ブラウンライス

華厳の滝(2)

日帰りバスツアー 紅葉を奏でる世界遺産日光と華厳の滝 
2010年10月24日(日)
③華厳の滝(2)

2週連続で華厳の滝を訪れました。前回は無料観瀑台から見ただけで中善寺湖までの散策に時間を使いましたが、今回はエレベーターで下から見た光景を楽しみました

エレベータは100mを約1分で下り、往復料金は大人530円です。10年以上前に経験した際、無料観瀑台だけでも良いとの印象が残っていたのですが、今回は全く違う印象を受けました。紅葉の見事さが、そう思わせたのかも知れません。

わずか1週間での紅葉の違いも印象的でした

通常のバスツアーではエレベーター代金はオプションになっており、今回のツアーでも3割くらいのお客しかエレベータは利用していませんでした。
無料観瀑台では味わえない有料観瀑台の特徴は以下のようになります

①滝壺を間近で見ることができる
②滝からの水しぶきが、マイナスイオンのようなくつろぎを与えてくれる
③観瀑台が3階構造なので色々な角度から楽しめる
④紅葉の渓谷を間近でみることができる
⑤華厳の滝の迫力も違う
⑥観瀑台横のもう一つの滝をみることができる
⑦滝の下流部(華厳渓谷)をみることができる

d0179737_19304054.jpg

d0179737_19311942.jpg

中段部分からは十二滝と呼ばれる、表出した伏流水による無数の滝が簾状に並んで流れ落ちます
d0179737_19322311.jpg

d0179737_19332547.jpg

駐車場からは金網が邪魔していた渓谷の紅葉も十分味わえました
d0179737_19344365.jpg

観瀑台を挟んで反対側にある滝、名前はわかりませんが日光48滝と言われるほど滝の多いところだとか
d0179737_19354284.jpg

エレベータ側をふり返ると迫力の岩肌が迫っていました
d0179737_19381616.jpg


華厳滝の下流側には、大谷川に沿って華厳渓谷と呼ばれるV字谷が続いていています。渓谷上流域や渓谷へと注ぐ支流の沢にも阿含滝(あごんのたき)、涅槃滝(ねはんのたき)、白雲滝(しらくものたき)といった幾つかの滝がかかっているとのこと。第1いろは坂を下る際に方等滝(ほうとうのたき)、般若滝(はんにゃのたき)などの幾つかの滝を見ることができました

第二いろは坂を上ってくる際にロープウェイがありましたが、次回は明智平からの華厳滝も楽しみたいものです
[PR]
by banboobook | 2010-10-24 12:12 | 栃木スポット