東京発日帰りバスツアーを中心とした旅行体験記


by ブラウンライス
7月3日はソフトクリームの日でした。ソフトクリームはバスツアーで立ち寄るスポットで最もよく見かけるデザートです。またその種類が豊富なのにも驚きます

関東圏のバスツアーにおいて最も知られているソフトクリームは山梨県清泉寮ソフトクリームではないでしょうか?ジャジーハット(350円)の人気は高く、少なくとも私が見た限り、最も長い待行列でした。200mは越えていたと思います

その他「関東圏で美味しいソフトクリームは?」という質問をバスドライバー・ガイド・ツアーコンダクターにした事があります。一番多くあがったのは、同じく山梨県にある道の駅とよとみシルクソフトクリームでした

個人的には清里丘の公園まきばレストランのソフトクリームです。またまた山梨で清泉寮のすぐ近く・・・・・一般には知られていませんが、ある事情によりレストランの支配人さんがツアー全員に無料でソフトクリームをサービスしてくれたことがあるのです。そのはからいへの感謝と牧場の素晴らしい景色で味わったソフトクリームは最高の味でした

「高原から八ヶ岳を眺めながらいただく極上ソフト」という言葉があるように清泉寮も牧場の中で味わう素晴らしい環境が多少は影響していると思います。ソフトクリームは自然の中で味わうのが最高です。

ソフトクリームの写真コンテストがあったり、ソフトクリーム一つとってもWEBの中は情報満載です

ソフトクリーム写真コンテスト

ソフトクリームランキング

※清里の丘公園にあるまきばレストランはソフトクリーム以外でも個人的にお気に入りのところです。夏休みの家族旅行にもおすすめです

まきばレストラン
[PR]
# by banboobook | 2013-07-23 12:36 | バスツアーエッセイ

羽田空港へのアクセス

羽田空港リムジンバス

先日、新宿西口ワシントンホテル前で空港行きバス停の看板が目に留まりました。「こんな所にも空港行きのリムジンバス停」があるのかを思ったしだいです

私の自宅は埼玉県川越市なのですが、羽田空港に行く場合はいつもリムジンバスを利用しています。料金は1700円と電車よりは若干かかるものの、その快適度は料金に十分見合うと感じています。

バスの場合、遅延が心配になるものの一度「事故が発生したとの知らせがありコースを変更します」といったアナウンスを聞いたことがあり、時間については変更はありませんでした。緊急時の対応もできているようです

下記WEBを確認すると関東圏の主だった都市はカバーしていて思いのほか停留所も多いようです

羽田空港バス時刻表
d0179737_20235584.jpg

リムジンバスとは(WIKIより)
リムジン(limousine)とバス(bus)の合成語で、内装が豪華なバスを指し、観光バスなどに供されるバス車両。空港などと周辺市町村を連絡するバス車両と運行形態であり、空港リムジンバス、エアポートリムジンバス、空港連絡バスとも呼ばれる。和製英語であり、英語本来では「limousine」で後者に相当する連絡バス(特に、小型のもの)の意味となる。1954年に設立された東京空港交通が最初に使用したとされている・・・・一方で、道路渋滞や事故などの影響を受けやすく、距離1kmあたりの運賃(賃率)は一般路線バスに比べ高く設定されている場合が多いため、鉄軌道に比べ運賃、定時性で劣る場合がある。事業者は、高速道路や有料道路、バイパス道路などを活用した路線を設定する上、一部の事業者では路線免許取得時に、高速道路と一般道両方の路線免許を取得し、高速道路通行止めの際にも一般道路に迂回し、時間のロスを最小限にするなどの工夫をしている。東京空港交通では、無線等で運行指令と運転士がやりとりし、さらにロスを少なくする工夫を行っている
[PR]
# by banboobook | 2013-07-22 12:36 | ツアーバス
つくばサイエンスツアーバス 夏休み特別イベント

今週から夏休み、自宅近隣図書館で1枚のチラシを見つけました。学術・研究都市として知られる茨城県つくば市の研究施設を巡る路線バス「つくばサイエンスツアーバス」を使った企画です

定員制で事前予約が必要ですが、スタッフガイド付きで研究施設を見学でき、化学実験などにも参加できるようです。またWEBを確認すると通常土日でも巡回バスを使った見学が可能のようです

巡回バスは大人500円・小人250円となっています

つくばサイエンスツアー

【お問合せ】
財団法人 茨城県科学技術振興財団 つくばサイエンスツアーオフィス
茨城県つくば市竹園2-20-3 (つくば国際会議場内)
TEL 029-863-6868

【アクセス】
・電車~つくばエクスプレス沿線各駅→つくば駅→A4出口
・バス~東京駅(八重洲南口、筑波大学行き)→つくばセンター下車羽田空港 →つくばセンター下車
※直接車で行く事も可能です(駐車場あり)


[PR]
# by banboobook | 2013-07-21 19:32 | ツアーバス

日帰りバスツアーおすすめスポット 富士山


世界遺産に登録される前から富士山及び関連施設への日帰りバスツアーは大人気のコースです。それだけに季節を通じて多くのコースが用意されています。そんな中、はとバスの<雲上の富士山五合目と花の都公園はおすすめコースです

日帰りバスツアー料金は6000円~9000円くらいがボリュームラインでありながら、このコースは平日4,980円(食事なし)

実際、日帰りバスツアー運営側の費用に高い影響を及ぼすのはランチであり、原価ベースでみると400円~2500円くらいの差があります(弁当→団体専用レストラン→ホテル・旅館・ビュッフェといったイメージ)

雲上の富士山五合目と花の都公園コース内容
1.山中湖花の都公園(無数の花々の背景に富士山)
2.富士スバルライン通行
3.富士山五合目(自由散策)
4.山梨もも狩り(食べ放題)

サービスエリアも含め、富士山周辺の観光スポットは食材が豊富なので、好きな時間に好きなものを食べ歩くバスツアーも悪くないなと感じたしだです。4980円ながら、フルーツ狩り食べ放題はしっかりついています。ランチがないと自由時間も多くなるのもよいところ

クラブツーリズムでも「祝!世界遺産登録記念!富士山五合目とあま~い巨峰狩り園内食べ放題・ワイナリー試飲もお楽しみ」というタイトルでツアーがあり、こちらも4980円!クラブツーリズムは発車出発地が多いのがよいところ

※バスツアー常連のお客さんが語っていたこと「ランチがはずれるとバスツアーはガッカリ。だからはずれの少ない会社のツアーを選ぶようにしている」・・・そういった意味でこのコースは安心です

<注意>
・このコースは設定日が多いのですが、他コース以上に平日がおすすめです
・夏は富士山が雲に覆われている日が多いのが欠点(登山があるので、夏人気ですが)
[PR]
# by banboobook | 2013-07-20 23:26 | バスツアーエッセイ

真夏の長距離バスツアー

バス添乗員ブログでのつぶやき~ちょっとだけ苦手なこと その七

日帰りバスツアーで長距離と言った場合は、走行距離500km以上のコースを指す。東京発であれば「上高地」「中央アルプス」あたりを含んだコースである

日帰りバスツアーは女性客が圧倒的に多いのだが、通常44席あるバスシートがすべて埋まると、添乗員は補助席に座ることになる。添乗業務は、外に出た場合は小走りも含め歩き回ることが多くなる。当然、戻った時は真夏であれば汗だくの状態

つまり、狭い補助席だと、とても気を使うことになるのだ。実際、早起きした状態で、まる一日補助席に座り続けることは、それだけでも疲れる。それほど気疲れするほうではないが、汗だくで両どなりに女性がいるスタイルだけは、妙に気をつかってしまうのである。

※500kmを越えるとバスドライバーが二人になり、運転席真後ろの二席分を使って休憩する。満席だったので、二席のうち一つを使ってよいか尋ねたら、おもむろに嫌な顔をして「そんなこと言う、添乗員は初めてだ」と断られたことがある。ゆっくり広々とした席で休憩したい気持ちも理解できるが、お金を払ったお客さんが窮屈な思いをしている中、バスで最もよい席とされる位置で、靴を脱いだまま寝そべっている姿は不愉快な光景として記憶している。まあ、そのドライバーの記憶には、不愉快な添乗員として残っているのだろうが
[PR]
# by banboobook | 2013-07-19 20:36 | ツアーコンダクター