東京発日帰りバスツアーを中心とした旅行体験記


by ブラウンライス

<   2010年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

観光バス写真集

日帰りバスツアー 観光バス

<日帰りバスツアーで利用したことのある観光バス>

株式会社はとバス
d0179737_2074126.jpg


東都バス観光株式会社
d0179737_209186.jpg


富士急行
d0179737_201177.jpg


ヤサカバス
d0179737_20131070.jpg


ニッコー観光バス
d0179737_20142111.jpg


国際興業バス
d0179737_2015539.jpg



<LINK>
観光バス活用ガイド
定期観光バス案内t


<日帰りバスツアーで見かけた観光バス>


d0179737_8313558.jpg



d0179737_20165112.jpg


d0179737_20171010.jpg


d0179737_20173176.jpg


d0179737_20163474.jpg
[PR]
by banboobook | 2010-10-29 20:04 | 観光バス写真集

談合坂SA

日帰りバスツアー 談合坂下り

第5回B級グルメグランプリに輝いた甲府鳥もつ煮が談合坂に登場していました
レストランの看板に500円と告知してあったのですが表の屋台でも販売されていたようです
サービスエリアの対応には驚きます

d0179737_19474490.jpg

屋台では450円で売られていたようです
d0179737_19481624.jpg

談合坂下りにはショップ向かって右側に無料テーブル席もあります、案外空いています
d0179737_19485912.jpg

テーブル席の前は屋台でにぎやかです
d0179737_19505745.jpg

ショップ内では焼きたてパンが人気です
d0179737_19504531.jpg


間近にみえる山、その他色々な山々が見えるのが談合坂の魅力でもあります
d0179737_19512986.jpg

[PR]
by banboobook | 2010-10-28 03:42 | サービスエリア
日帰りバスツアー : スポット記事

「道の駅とよとみ」で茄子狩り体験をしました。

道の駅は、国土交通省により登録された、休憩施設と地域振興施設が一体となった道路施設。道路利用者のための「休憩機能」、道路利用者や地域の人々のための「情報発信機能」、道の駅を核としてその地域の町同士が連携する「地域の連携機能」という3つの機能を併せ持ちます。全国に900箇所以上あるそうです。

道の駅とよとみは「直売所甲子園2009」でグランドチャンピオン賞を受賞したこともあるバスツアーでもおなじみのところで、特に採れたて新鮮野菜とシルクソフトクリームは大人気です

茄子狩りは車で10分ほどの離れた農園で一人5個、
フルーツ狩りと比べても非常に地味な感じだったのですが、実際にやってみると楽しい体験でした
本当に大きさが違っているのです、夏を越え人の背丈よりも大きくなった茄子畑から「大物茄子」を探すのがととてもに楽しくワクワクするのです。

「どんなことでも自分自身で体験してみないとわからない」
今回、茄子狩りを体験して思ったことです

〒400-1514
山梨県東八代郡
豊富村浅利1010番地の1
①055-269-3421(交流促進センター)
②055-269-3423(ふるさとカフェ「シルク」)
③055-269-3424(農産物直売所)

d0179737_118402.jpg
d0179737_1191872.jpg
d0179737_1110066.jpg
d0179737_11103235.jpg
d0179737_11105758.jpg


はとバス日帰りバスツアー
山梨収穫祭と秋色の昇仙峡(野菜狩りとぶどう狩り)
[PR]
by banboobook | 2010-10-27 10:35 | 山梨スポット
日帰りバスツアー 紅葉を奏でる世界遺産日光と華厳の滝 
2010年10月24日(日)

浜松町バスターミナル(7:00発)
日光三内
ホテル清晃苑
華厳の滝
東京駅(19:30着)

このコースは秋のカタログトップページに掲載されている人気コースであり、この日も2台のバスを連ねての運行となりました。世界遺産に登録されている二社一寺(日光東照宮・輪王寺・二荒山神社)を拝観した後、ホテルで昼食、そこから約18km離れた中禅寺湖及び華厳の滝へ移動するシンプルな内容です

二社一寺の散策時間は約2時間、昼食に1時間、中禅寺湖及び華厳の滝は1時間
さすがに紅葉ピーク時の週末だけあってホテルから中善寺湖までの18kmに2時間を要してしまいました。
しかし、そのほどんどの時間は第二いろは坂でのものだったので、じっくりと最高の景観を楽しむことができたとも言えます

いろは坂から観る「男体山」「明智平」の光景は乗客から声があがるほど素晴らしいものでした

ランチは東照宮に最も近いホテル「清晃苑」での湯葉紅葉膳
二社一寺共通券付き

d0179737_20592021.jpg
d0179737_2101679.jpg
d0179737_2111136.jpg
d0179737_2114842.jpg


はとバス 
「紅葉を奏でる世界遺産日光と華厳の滝」
コース番号H100A(浜松町発→池袋経由→東京駅着)、特定日~浜松町のみ
       B(横浜)C(南越谷)D(松戸)E(西舟橋)
2010年10月9日~11月23日 
7,980円~8,980円
[PR]
by banboobook | 2010-10-24 20:38

日光三内

日帰りバスツアー 紅葉を奏でる世界遺産日光と華厳の滝 
2010年10月24日(日)
①日光三内(二社一寺)

「日光山内(にっこうさんない)」とは栃木県日光市に存在する寺院等の総称で「二社一寺(にしゃいちじ)」とも称されます。ユネスコ世界遺産委員会で文化遺産として登録されており登録名は「日光の社寺」。
(日光東照宮 ・日光二荒山神社・日光山輪王寺)
103棟(国宝9棟、重要文化財94棟)の「建造物群」と、これらの建造物群を取り巻く「遺跡(文化的景観)」が登録されています

バスツアーでの散策時間は120分、二社一寺の共通拝観券が付いていますが、これだけの時間ではどこかに絞るしかありません。とにかく本日は観光客が多く多少嫌気も差したので、東照宮だけに絞ってしまいました。

一日中見ていてもあきないことから「日暮らし門」とも呼ばれる国宝の陽明門
d0179737_20162592.jpg

500を超える彫刻の数々、とにかく圧倒されます
d0179737_2017394.jpg

d0179737_20194459.jpg
d0179737_20195725.jpg
d0179737_20202694.jpg
d0179737_20205762.jpg
d0179737_20211630.jpg
d0179737_20215663.jpg
d0179737_20221388.jpg
d0179737_20224487.jpg
d0179737_20225864.jpg
d0179737_20233266.jpg

東照宮からすぐ、表参道から入ったところに天然かき氷の店舗がありましがた
d0179737_20234224.jpg

同じ施設にあるショップの大福が人気でした、1個180円
d0179737_2023536.jpg

東照宮の建物に刻まれた彫刻の総数は5173体だとか
d0179737_20191381.jpg


この日光三内は紅葉ピーク時でなく、観光客の少ないタイミングでゆっくり時間をかけて
味わいたいものです
世界遺産になって、さらに人気が出た感じもしますが、
やはりここでも中国語を多くききました
[PR]
by banboobook | 2010-10-24 16:06 | 栃木スポット

清晃苑(ホテル)

日帰りバスツアー 紅葉を奏でる世界遺産日光と華厳の滝 
2010年10月24日(日)
②清晃苑

清晃苑、東照宮に最も近いホテルです。グーグルマップで計測すると東照宮美術館まで244mでした。
WEBで調べると1泊通常1万5千円前後、11月下旬まで満員状態ですが、宿の人に確認するとほとんどが修学旅行だそうです。

ランチ会場は1階の大広間、メニューは「湯葉紅葉膳」でした

ホテルの前は東照宮の大駐車場です
d0179737_19533788.jpg

フロント横のソファー、道路から直接入れるフロントは建物的には2階になります
d0179737_19542212.jpg

1・2号車とも満席で合計88名での昼食
d0179737_19553022.jpg

湯葉紅葉膳
d0179737_19562014.jpg

1階には入浴場もありました。写真は檜風呂ですが、大浴場とは別になっていました。
これは一般客と修学旅行客が別々に入浴できるようにするためだとか
d0179737_1957245.jpg

ロビー横のおみやげコーナー奥には宿泊客以外も利用できるレストランがありました
d0179737_19592085.jpg

こんなメニューがありました
d0179737_200379.jpg

ホテル前にある石垣、この方向に進むと輪王寺、大駐車場方向に進むと東照宮、
とにかく日光三内を味わうには絶好のロケーションです
d0179737_201397.jpg


ホテル清晃苑
TEL. 0288-53-5555 
[PR]
by banboobook | 2010-10-24 14:44 | 栃木スポット

華厳の滝(2)

日帰りバスツアー 紅葉を奏でる世界遺産日光と華厳の滝 
2010年10月24日(日)
③華厳の滝(2)

2週連続で華厳の滝を訪れました。前回は無料観瀑台から見ただけで中善寺湖までの散策に時間を使いましたが、今回はエレベーターで下から見た光景を楽しみました

エレベータは100mを約1分で下り、往復料金は大人530円です。10年以上前に経験した際、無料観瀑台だけでも良いとの印象が残っていたのですが、今回は全く違う印象を受けました。紅葉の見事さが、そう思わせたのかも知れません。

わずか1週間での紅葉の違いも印象的でした

通常のバスツアーではエレベーター代金はオプションになっており、今回のツアーでも3割くらいのお客しかエレベータは利用していませんでした。
無料観瀑台では味わえない有料観瀑台の特徴は以下のようになります

①滝壺を間近で見ることができる
②滝からの水しぶきが、マイナスイオンのようなくつろぎを与えてくれる
③観瀑台が3階構造なので色々な角度から楽しめる
④紅葉の渓谷を間近でみることができる
⑤華厳の滝の迫力も違う
⑥観瀑台横のもう一つの滝をみることができる
⑦滝の下流部(華厳渓谷)をみることができる

d0179737_19304054.jpg

d0179737_19311942.jpg

中段部分からは十二滝と呼ばれる、表出した伏流水による無数の滝が簾状に並んで流れ落ちます
d0179737_19322311.jpg

d0179737_19332547.jpg

駐車場からは金網が邪魔していた渓谷の紅葉も十分味わえました
d0179737_19344365.jpg

観瀑台を挟んで反対側にある滝、名前はわかりませんが日光48滝と言われるほど滝の多いところだとか
d0179737_19354284.jpg

エレベータ側をふり返ると迫力の岩肌が迫っていました
d0179737_19381616.jpg


華厳滝の下流側には、大谷川に沿って華厳渓谷と呼ばれるV字谷が続いていています。渓谷上流域や渓谷へと注ぐ支流の沢にも阿含滝(あごんのたき)、涅槃滝(ねはんのたき)、白雲滝(しらくものたき)といった幾つかの滝がかかっているとのこと。第1いろは坂を下る際に方等滝(ほうとうのたき)、般若滝(はんにゃのたき)などの幾つかの滝を見ることができました

第二いろは坂を上ってくる際にロープウェイがありましたが、次回は明智平からの華厳滝も楽しみたいものです
[PR]
by banboobook | 2010-10-24 12:12 | 栃木スポット
日帰りバスツアー 紅葉のロマンチック街道名瀑めぐりとりんご狩り 2010年10月16日(土)

池袋駅東口(7:30発)
りんご狩り(原田農園)
吹割の滝
竜頭の滝
華厳の滝
池袋駅東口(20:00着)

群馬県の代表的な名瀑「吹割の滝」を楽しんだ後、ロマンチック街道(国道120号)で栃木県に移動し「竜頭の滝」「華厳の滝」名瀑が続く紅葉シーズンの観瀑ツアーです。最初の目的地が何故か沼田(原田農園)でのりんご狩り食べ放題、原田農園特製のお弁当付きです。

花見同様、紅葉のピークに合わせるのは難しいのですが、日光の紅葉はピークとはいかないまでも
まずまずの光景だったと思います。
このツアーの魅力は赴きの異なる名瀑を連続で楽しめるのと合わせ、車窓から見えるロマンチック街道の光景です。

d0179737_1464037.jpg

原田農園の幕の内弁当、出発する時に配布されるので好きな時間に食べれます
d0179737_1493271.jpg

吹割の滝
d0179737_14112699.jpg

竜頭の滝
d0179737_14124974.jpg

華厳の滝
d0179737_14135819.jpg


車窓からの光景
d0179737_15174678.jpg
d0179737_1518715.jpg
d0179737_15182890.jpg


はとバス 
「紅葉のロマンチック街道名瀑めぐりとりんご狩り」
コース番号H142A(池袋発→池袋着)、B(南越谷)、C(松戸)
2010年10月2日~11月9日 
6,280円~6,780円
[PR]
by banboobook | 2010-10-16 18:42

りんご狩り(原田農園)

日帰りバスツアー 紅葉のロマンチック街道名瀑めぐりとりんご狩り 
2010年10月16日(日)
①りんご狩(原田農園)

本日最初の目的地は原田農園、食事もできおみやげも充実いている大規模観光農園です。沼田ICから500mくらいのところにあります。りんご農園は徒歩5分のところにありました。食べ放題になるりんごの種類は「赤城と光陽」がメインでした

観光農園としておみやげはもちろん食事もできます
d0179737_14212222.jpg

レストランには別のツアー用に写真のような食事が用意されていました
d0179737_14221699.jpg

徒歩5分くらいのところにりんご農園がありました
d0179737_14234237.jpg

d0179737_14251691.jpg

陽光はデザートと呼ぶにふさわしい甘さでした
d0179737_14255164.jpg

機械で一瞬のうちに皮むきができるので早食いも可能です
d0179737_1427914.jpg

お店では何種類ものりんごが販売されていました
d0179737_14282087.jpg

お菓子の試食
d0179737_14293486.jpg

店内にある工房でオリジナル菓子も多く販売されています
d0179737_14304021.jpg

d0179737_14314612.jpg


果実の里 原田農園
〒378-0002 群馬県沼田市横塚町1294
TEL.0278-22-3991  
[PR]
by banboobook | 2010-10-16 15:54 | 群馬スポット

吹割の滝

日帰りバスツアー 紅葉のロマンチック街道名瀑めぐりとりんご狩り 
2010年10月16日(日)
②吹割の滝

吹割の滝は伽羅園(おみやげや)の駐車から徒歩で7~8分のところにありました。1周約1kmの遊歩道を巡って伽羅園まで戻ってきましたが色々な光景を楽しむことができました。滝をみてから同じ道筋を戻る人もありましたが1周したほうが色々楽しめると思います。

伽羅園、おみやげの他、食事もできます
d0179737_1431448.jpg

吊橋からの光景
d0179737_14253558.jpg

長い階段を下り川沿いに200mほど歩くと滝が現れます
d0179737_142818100.jpg

d0179737_1429466.jpg
d0179737_14304950.jpg

奥に歩くと、伽羅園の近くの道に戻る感じになります
d0179737_14312182.jpg

地元の商品を販売する、なんとも表現しがたいお店が並んでいました
d0179737_14334481.jpg


(吹割の滝とは  WIKIより)
鱒飛の滝吹割の滝(ふきわれのたき)は、群馬県沼田市利根町にある滝。高さ7メートル、幅30メートル。奇岩が1.5キロメートルに渡って続く片品渓谷(吹割渓谷)にかかる。河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名が付けられた。2000年のNHK大河ドラマ『葵徳川三代』のオープニングにも登場した。1936年12月16日に旧文部省より、天然記念物および名勝に指定されている。
[PR]
by banboobook | 2010-10-16 13:49 | 群馬スポット