東京発日帰りバスツアーを中心とした旅行体験記


by ブラウンライス

写真撮影ツアー

友人からの要請で11月にバスツアーを考えています。11月と言えば紅葉がメインとなるもの、土日の名所の混雑は半端ではありません。そんな中、京王バスツアー「写真撮影ツアー」のチラシが目に留まりました。ここ最近、スマホのカメラ機能が話題になっています。数年前からバスツアーでも、参加するシニア層が持つデジカメが高級化して行くのが気になっていたのです。今や日本国民全員がカメラマンの時代と言えます。

1日に撮影される画像量はどれくらいになるのでしょうか?

それはともかく、このツアーはフォトインストラクター同行というのがポイントであり、おすすめのスポットを楽しみながらカメラ技術も学べるという一石二鳥のバスツアーと言えます
d0179737_2042585.jpg出発日 
11/5・6・7
11/12・13・14
11/19・20・21

出発場所
新宿8:00-府中8:45

コース
大石公園(川口湖北岸)-河口湖オルゴールの森-西湖いやしの里根場

旅行代金 9500円(昼食付)

京王バス
[PR]
# by banboobook | 2013-10-27 20:35 | バスツアーエッセイ

新宿東口はとバス乗り場

新宿駅東口スタジオアルタの目の前で「はとバス」をよく見かけますが、駅ビル「ルミネエスト1階」に営業所があるのです。そこでチケットを購入し発車10分前までにアルタ前の1番・2番乗り場に行けば、都内はとバス観光を気がるに楽しめるのです。

半日コースなどもあり、気温35度を越えるような真夏にはエアコンの効いたバス観光も悪くないと感じたしだいです。実際夏休み期間の土日には相当混雑しています

・東京摩天楼/2階建てオープンバスで運行 1500円(毎日)
・東京半日コース 5500円(毎日)
・懐かしの昭和浪漫紀行 6950円(土日)

その他の日帰りコースは多数ありますが、都内コースでは「食い倒れ」コースが人気です。ミシュランの星の数では世界一、星がつかない隠れた名店も多数ある東京では朝・昼・晩の三食付コースが好評だったりするのです。もちろん上記3コースより価格はアップしますが

d0179737_22463288.jpg


d0179737_22483357.jpg

[PR]
# by banboobook | 2013-08-24 22:51 | ツアーバス

新宿バスターミナル

現在の勤務地は新宿西口なのですが、今更ながら新宿は巨大バスターミナルだと感じています。通勤と昼休みの限られた時間帯でありながら色とりどりの大型バスが次々と目の前を通過するのです。勤務先のビルはKDDIビルの隣、新宿西口ロータリー前の大通りを左折したところで京王プラザホテルの並びです。新宿西口発のバスは、この道路を通過して高速に向かうことが多いのです

新宿駅は全世界で一番利用者の多い「世界最強のハブ・ステーション」、これに加え東名初台南IC及び中央道初台ICまでは約1.5km。高速を利用する大型バスにとっては最高に都合のよいところ。新宿同様に中央線&山手線両方が通っている東京駅でも多くのバスを見かけますが(特に黄色いバス)、新宿の比ではありません

JR系は中央線・総武線・山手線・埼京線・湘南新宿ライン、これに小田急線・京王線・京王新線・都営新宿線・都営大江戸線・メトロ丸の内、副都心、西武新宿・・・東西南北アクセス最高です

ちなみにクラブツーリズムのWEBで8/10~8/31の日帰りバスツアー設定コース数を調べたところ、
池袋サンシャイン前発が26コース、東京駅丸の内発が11コースに対し
新宿西口住友ビル前発は194コース!

日帰りバスツアーで行先にこだわるなら新宿発!

ただし土曜雨天の新宿西口発のバスツアーはちょっと大変です。バスが多すぎて停車場所がなく数百メートル先の高層ビル裏側まで歩くことしばしば(バス添乗員はくそ暑い中、雨と汗でびしょぬれになりながら指定乗車地点から3往復ぐらいすることしばしば)・・・・今日から猛暑が始まりました

d0179737_001791.jpg

[PR]
# by banboobook | 2013-08-08 00:00 | バスツアーエッセイ
新宿西口で北アルプス乗鞍岳ご来光見学バスとデザインされた大型バスを見かけました。この季節に魅力的なコピーなので、WEBで調べてみると、どうやら地元観光協会のアピール作戦

新宿から高速バスで約6時間30分、ご来光を楽しむには一泊し、地元から大人2500円のご来光バスにて登頂するのが基本のようです

それでも夏のこの季節になると、何故かご来光を初めてみた北アルプスを思い出します。中学の友人からも登山の誘いがきているので、今年は高速バスを使って「ご来光」を味わいたい気分です

d0179737_1455023.jpg


新宿からは濃飛バス
地元からも濃飛バス ご来光

宿泊は地元の観光協会、民宿から高級旅館まで楽しい雰囲気のHPです
飛騨高山旅館ホテル協同組合公式ページ

濃飛バスは、乗鞍岳の畳平(標高2702m)からご来光を臨む「ご来光見学バス」を8月1日から9月1日まで運行しています。バスの降車地点ですぐに「ご来光」が見られるのは、日本では乗鞍岳だけとのこと
[PR]
# by banboobook | 2013-07-29 12:36 | バスツアーエッセイ

クラブツーリズム旅の友

国内ひとり旅


久しぶりに届いたクラブツーリズムのカタログをみて、少し驚きました。5冊の中に「国内 ひとり旅」という47Pもあるカタログがあったからです。先日、このブログでバスの一人旅が多くなっていると記述したばかり

120コース以上あり、「ひとり旅」の5つの魅力がアピールされています
・参加者全員が一人参加
・一人なら日程調整不要
・全コース添乗員が同行
・ホテル一名一室
・夕食は皆様で会食

また以下のようなデータも掲載されていました
性別 女性70% 男性30%
年代 60代40% 70代20% 50代20% その他20%

ほとんどが宿泊で20万を越えるクルーズまで用意されているのです。日帰り旅は「バスで行く日帰り旅行」と題して6コースのみ紹介、いずれもランチが充実しています(バスツアーは別途「バスの旅」という55Pの冊子が同封されています)

・箱根ポーラ美術館たっぷり120分(10,500円)
・東京スカイツリー&東京タワー(9,980円~13,800円)
・墨田川水上バスとヘリコプター体験遊覧旅行(15,800円)
・富士山五合目と忍野八海(13,800円)
・横須賀美術館と秋の花めぐり(11,000円)
・那須ロープウェイと那須自然研究路(11,800円)

クラブツーリズム ひとり旅 
d0179737_21565495.jpg

  
[PR]
# by banboobook | 2013-07-28 09:36 | バスツアーエッセイ